妊娠中の便秘や痔が産後も治らない!どんな対策や解消法がある?

妊娠してからの便秘や痔は、出産したらよくなると思っていたのに、なかなか改善しないケースが多いですね。

 

子宮が回復する過程で、ホルモンバランスが急激に変化する産後は、妊娠中同様にトラブルが起こりやすい時期なのです。

 

便秘や痔の対策と解消法を、経験者の意見を元にまとめてみました。

 

便秘

ホルモンの関係で妊娠中も産後も、便秘はつきものです。なにをしても効果がない時には、病院で相談するのが正解です。飲み薬や、浣腸で体の負担を軽くします。

 

妊娠時の便秘の対処法

 

食物繊維を多くとる

きのこやごぼうなど、食物繊維を多く含む食材を意識して食べると快便体質になりやすい。
すりおろしのりんごを食べて、便秘を克服したママ達もいます。

 

水分をとる

体内の水分が不足すると、お腹の中の便が硬くなって便秘になりがちです。母乳の出をよくするためにも、水分は十分にとるようにします。コーヒーなどのカフェインは、体内の水分を強制的に排泄させるので、かえって脱水状態になります。白湯やお味噌汁など、温かくてお腹がほっとする飲み物がおすすめです。

副交換神経を優位にするストレッチ

排便をつかさどっているのが、自立神経のなかの副交換神経です。出産後は、交感神経が優位になりがちなので、できるだけ神経をリラックスさせます。軽く体を動かすことで、腸にも刺激がいきます。ゆっくりとした動きのストレッチも、副交換神経を優位にしてくれます。

 

出産時のいきみで、イボ痔などの痔になるケースが多いようです。私も「おしりがちょっと出ちゃいましたねー」と助産婦さんに明るく言われたことを覚えてます。いわゆる脱肛、そのままいぼ痔に移行しました。

 

赤ちゃんのお世話で、昼夜関係なく授乳があったりで疲労困憊して悪化することもあります。辛い時には、産後の検診時に相談しましょう。何をするのも辛くなる前に受診して、専門家のアドバイスを受けたり、状態に合うお薬を使う方がいいと思います。今は日帰り手術も短時間で済みますし、ひとりで悩まないで先ず相談することをオススメします。

 

妊娠時の痔の対処法

 

血の巡りをよくする

肛門付近の血流を促すために、体を温めます。うっ血しているから痔になるわけです。なので可能なら、座浴をしてお尻付近だけでも温めると、随分ラクになります。

 

刺激のある食べ物をとらない

唐辛子など激辛の食べ物は、便として排出される時に、肛門の粘膜を刺激するので、痔の時には食べないようにします。

 

ストレッチなど軽く体を動かす

肛門付近の筋肉を動かすことで、血流を促します。動くと痛いかもしれませんが、じっとしているとますますうっ血します。ムリのない範囲で、体全体をストレッチさせるように、ゆっくりと動かします。手を上に伸ばして、何秒かキープするだけでも血流が良くなります。